HOME>アスタキサンチン

最近注目の抗酸化物質、アスタキサンチン

アスタキサンチンはサケなど魚介類に豊富な赤色の色素成分。カロテノイドの仲間の中でも高い抗酸化力を持っているとして、最近注目を集めています。

現時点で特に注目をされているのは、コレステロールなどの運搬役である血液中のLDLの酸化を抑える効果です。これによって血管壁を守り、動脈硬化の抑制や心臓病などの予防に役立つことが期待されています。また、動物実験では、ガン細胞の増殖抑制やストレスによる免疫力低下を抑制するといった効果も認められています。

また、アスタキサンチンはビタミンEの550~1000倍、βカロテンの数十倍ともいわれる強力な抗酸化力があります。紫外線をあびると肌で発生する活性酸素で、活性酸素の中でも最も強力といわれる一重項酸素に対して働きます。このため紫外線による肌ダメージ、しみ、しわ、老化現象の予防に効果があります。

アスタキサンチンの摂取目安量は、現在のところ、1日1~10ミリグラムとなっています。ごく少量で効果を発揮するのもアスタキサンチンの特徴と言えるでしょう。サケの切り身一切れにはアスタキサンチンが約1ミリグラム含まれているといわれていますから、比較的容易に目安量を摂取することができます。サケ以外にも、マスの身、タイの皮、エビやカニの殻、サケやマスの卵など、赤い色をした魚介類にアスタキサンチンは多く含まれています。

アスタキサンチンに限らず、カロテノイド全般にいえることですが、これらの抗酸化物質は、体内でフリーラジカルに電子を与えることで自らが酸化します。けれども、ビタミンCなど水溶性の抗酸化物質と一緒に摂れば、それらによって再生されることが分かっています。サケなどを食べる場合は、ビタミンCを含むレモンの絞り汁や大根おろしを添えるのが効果的です。サプリメントの場合も、ビタミン類やほかのカロテノイドと一緒に摂ることをおすすめします。


HOME

ページのトップへ戻る