HOME>ビタミンE

ビタミンEは若返りのビタミン

ビタミンCと同じように、優れた抗酸化作用があるのがビタミンE。植物油、ナッツ類、魚、緑黄色野菜などに多く含まれる成分です。やはり体内では作ることができないため、食事などで、体の外から摂らなければなりません。

ビタミンCが水溶性なのに対し、このビタミンEは脂溶性。そのため、脂質でできた細胞膜に入ることができます。そして、ここでフリーラジカルを消去します。細胞膜がフリーラジカルのダメージを受けることで、私たちの体は老化し、さまざまな病気にもなりますが、ビタミンEは細胞膜の酸化によって起きる、さまざまな弊害を防ぎます。中でも特に注目されているのは、動脈硬化の予防と改善効果です。

フリーラジカルから細胞膜を守ることで、ビタミンEがもたらす効果は、実に多彩です。細胞膜をはじめとする体内の脂質がフリーラジカルによって酸化すると、過酸化脂質という物質ができます。この物質は、動脈を硬化させて心筋梗塞や脳卒中の原因になったり、ガンの引き金になったりします。また血行障害を起こすことで、肩こり、頭痛、冷え性などの原因になることも。

ビタミンEは、フリーラジカルを消去し、こうした悪さをする過酸化物質の発生を防ぎ、幅広いアンチエイジング効果をもたらすことから「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンE摂取の1日の目安量は、成人男性で1日に7~9ミリグラム、成人女性で7~8ミリグラムとされています。とはいえ、この量は、老化を防ぐには不十分。十分なアンチエイジング効果を期待するなら、その10倍以上、1日に100ミリグラムは摂ってほしいと考えています。



HOME

ページのトップへ戻る