HOME>リコピン

優れた抗酸化力のリコピン

カロテノイドの一種、リコピンは、トマトやニンジンなど、赤やオレンジなどの野菜に含まれる成分で、カロテノイドの中でも特に高い抗酸化作用を持つことで注目されています。

リコピンが優れた抗酸化作用を発揮することで、体に良い効果がいろいろと得られますが、中でも注目すべきは、がんの予防効果です。また、リコピンの摂取量が多い人ほど、心筋梗塞になりにくい調査結果も出ています。さらに、皮膚に含まれるリコピンが肌を守ることも分かってきています。紫外線のダメージを受けることで発生するシミやシワ、皮膚がんの予防にも役立つのではないかと考えられているのです。

1日に摂取するリコピンの目安量は、6~12ミリグラム。トマトジュース1缶(240ミリリットル)には23ミリグラムのリコピンが含まれているというデータがあります。つまり、トマトジュース1缶で1日の目安量はクリアできるわけです。とはいえ、タバコを吸う人やストレスが多い人など、フリーラジカルが発生しやすい生活環境にある人は多めに摂るといいでしょう。サプリメントの場合は、食事中に含まれる油によって吸収率が高まるため、食後に摂取するのが理想的です。

リコピンは、スイカや柿、グァバなどの赤い色をした植物に含まれていますが、緑黄色野菜の中では唯一トマトだけ。しかも、トマトは、最も多くのリコピンを含む植物です。そんなわけで、リコピンを食品から摂るなら、トマトを食べるのが一番効率が良いと言えるでしょう。とはいえ、トマトに含まれるリコピンの量は完熟度によって大きく異なっています。例えば、よく熟れたトマトなら1キログラム当たり約50ミリグラム含まれていますが。熟れていないトマトには5ミリグラム程度しか含まれていません。トマトに抗酸化力を期待するなら、よく熟れた真っ赤なものを選びましょう、まだ半分青いようなトマトを食べても、効果はそれほど期待できないのです。

トマトジュースのほか、トマトピューレ、トマトソース、あるいはトマトの水煮などの加工食品もおすすめです。完熟トマトを使っているため、リコピンを効率よく摂ることができるし、油を使う料理に用いれば、吸収率もアップして一石二鳥。リコピンは熱に強くて壊れにくいため、火を通す料理に使っても成分が損なわれることはありません。


HOME

ページのトップへ戻る