HOME>抗酸化食品

「抗酸化食品」

「抗酸化食品」を食べて「サビ止め」をしよう

■ 「抗酸化食品」とは

老化の原因の一つに、細胞の酸化があります。ストレスや電磁波はさまざま要因で、活性酸素・フリーラジカルが大量に発生し、細胞を攻撃し破壊。そして金属がサビていくようにカラダも酸化してしまうわけです。「老化」とは、”茶色に変色したリンゴ"であり、"体のサビ"の結果ですが、そうした酸化の主因がフリーラジカルである以上は、日常生活からそれを閉め出し、消去していくことを心がけなくてはなりません。

その大きなカギをにぎるのが、私たちの日常生活の食事内容であり、酸化を打ち消す働きを持つ抗酸化物質です。私たちの体の中では「SOD」や「グルタチオンペルオキシターゼ」、「カタラーゼ」などの抗酸化酵素や、コエンザイムQ10、リポ酸などの成分、抗酸化ビタミンなどが互いに補足しあいながら、たえずフリーラジカルを消去しています。

こうした「抗酸化ネットワーク」をさらに強力に推進していくためには、いろいろな化学反応に欠かすことのできない抗酸化物質を食べることで補っていく必要があります。

では、どんな抗酸化食品の摂取法が、簡単・便利なものでしょうか?
最も明快な目安となるものが「食品の色彩」です。赤、黄、緑、紫。カラフルで色鮮やかな野菜や果実、魚介類にはビタミンをはじめとした水溶性の「フラボノイド」や脂溶性の「カロテノイド」など、フリーラジカルの消去に効果を発揮する仲間たちがいっぱいです。これらのカラフルな色素成分を持つ食物を食べれば、自然に抗酸化物質を摂取することになります。特に、紫外線の強烈な害をまともに浴びてしまう植物は、地球上の長い歴史の中で抗酸化物質を作り出すことによって身を守り、生き延びてきました。その強力な抗酸化物質が、天然の色素成分に豊かに含まれています。

体外にある物質で身近な抗酸化物質は、ビタミンA、C、E、βカロチンです。他にも植物由来の優れた抗酸化物質として、フラバン ジェノールやグレープシード、カテキン、ポリフェノール、リコピンなど、ミネラルにはセレンがあります。これらは、私たちが普段食品として食べている、野 菜、果物、豆、海藻、穀類などに含まれています。とくに多く抗酸化物質を含む食品を「抗酸化食品」と呼びます。

 

抗酸化作用のある栄養成分を多く含む食品

ビタミンC
イチゴ、キウイ、ブロッコリー、ミカン、レモン、小松菜
ビタミンE
うなぎ、アーモンド、かぼちゃ
βカロテン
にんじん、ホウレン草、春菊、小松菜、ピーマン、ブロッコリー
カテキン
緑茶、煎茶、番茶、ほうじ茶
ポリフェノール
赤ワイン
セサミン
ゴマ
リコピン
トマト、スイカ、柿、グァバ
グルタチオン
ホウレン草、ブロッコリー、牛レバー
アスタキサンチン
サケ、マスの身、タイの皮、エビや蟹の殻


HOME

個人的おすすめ本

インフォメーション

美容体験ジャーナル
ページのトップへ戻る